• HOME
  • 診療コンセプト
  • 症例紹介
  • 診療の流れ
  • 院長紹介
  • 医院概要・アクセス

予防歯科

予防歯科

  1. ホーム
  2. 予防歯科

虫歯、歯周病から大切な歯を守るために

虫歯、歯周病から大切な歯を守るために

お口の病気として代表的なのが「虫歯」と「歯周病」。原因はどちらもプラーク(歯垢)です。つまり、プラークをあらかじめきちんと取り除けていれば、虫歯や歯周病は予防することができます。また、一旦治療が終わったにもかかわらず、しばらくすると再発しやすいという性質を持つのが、この二つの病気です。治療後にも油断せず、再発を予防する意識が大切なのです。

予防の基本は毎日のご自宅でのブラッシングですが、残念ながらそれだけでは十分とはいえません。歯科医院での定期的なチェックと、専門的なメインテナンスがとても重要になります。こちらでは予防歯科の役割や、予防の大切さについてくわしくご紹介します。

定期検診の重要性

虫歯や歯周病は、初期には自覚症状がないため、気づいたときにはかなり進行してしまっていた……ということが少なくありません。定期検診に通っていれば、もし治療が必要な箇所が見つかっても早期に対応できるため、治療を簡単に終えることができます。

悪くなってからの治療では、歯や歯ぐきが受けるダメージが大きくなるのはもちろん、治療の痛みや回数、費用などの負担も大きくなってしまいます。予防によって大切な歯を守り、また早期発見・早期治療を可能にするために、大阪狭山市のふくなが歯科クリニックでは3~6ヶ月に1度の定期検診をおすすめします。

「ふくなが歯科クリニック」の予防歯科

位相差顕微鏡による細菌検査

お口の中には虫歯菌や歯周病菌をはじめとする、数多くの細菌が棲んでいます。そこで当クリニックでは、位相差顕微鏡を使ったお口の中の細菌の種類や数を特定する検査によって確実な診断を行っています。

ブラッシング指導

予防の基本となる毎日のブラッシングは、「正しく」できているかが大切なポイント。当クリニックでは、患者様一人ひとりのお口の状況に合わせた適切なブラッシング方法を指導します。また歯ブラシやフロスなど、デンタルグッズの選び方などもご紹介します。

フッ素塗布

歯の再石灰化を促し、虫歯菌の出す酸に対する抵抗力を高める効果を持つフッ素。定期的に歯の表面に塗布すれば、歯を強くすることができます。ごく初期の虫歯であれば、この処置によって治癒が見込めることもあります。

PMTC

お口の中には細菌が集まったバイオフィルムが形成されており、これはブラッシングだけでは落とすことができません。そこで重要になるのが、歯科衛生士による専門的なお口のクリーニング「PMTC」です。すみずみまでの汚れが取り除かれ、虫歯や歯周病予防に効果的です。

  • 清掃
  • 研磨ペースト
  • 研磨
  • 研磨
  • 洗浄
  • フッ素塗布
  • 清掃清掃
  • 研磨ペースト研磨ペースト
  • 研磨研磨
  • 研磨研磨
  • 洗浄洗浄
  • フッ素塗布フッ素塗布
プロフィー

歯の表面に付着したタバコのヤニ、茶渋、コーヒーなどの着色・汚れを落とす処置です。重炭酸ナトリウムの粉を吹き付けることで、歯を傷つけずに汚れを落とし、安全に歯の白さを取り戻します。