• HOME
  • 診療コンセプト
  • 症例紹介
  • 診療の流れ
  • 院長紹介
  • 医院概要・アクセス

インプラント・入れ歯

インプラント・入れ歯

  1. ホーム
  2. インプラント・入れ歯
  • インプラント
  • 入れ歯

インプラント

インプラント

歯を失ってしまったときの治療として、近年注目を集めているのがインプラント。歯を失ってしまった部分の顎の骨に、生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着して噛む機能を取り戻す歯科治療です。

インプラントが顎の骨にしっかり結合するため、天然歯と変わらない噛み心地がよみがえるだけでなく、人工歯にセラミックを用いることで見た目もとても自然です。どこを治療したのかがわからない口元になることから注目が集まっています。

はじめて歯を失ったしまわれた方はもちろん、今おつかいの入れ歯にご不満を感じている方は、一度インプラントを検討してみてはいかがでしょうか? ご興味のある方は、お気軽に大阪狭山市のふくなが歯科クリニックにご相談ください。

インプラントのメリット・デメリット

入れ歯・ブリッジとの比較

  • インプラント
  • 入れ歯
  • ブリッジ

※クリックしていただくと画像が切り替わります。

インプラント


インプラント
顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する。
メリット
  • 天然歯と変わらない噛み心地
  • 見た目がよみがえる
  • 周りの健康な歯を削る、支えにするといった負担がない
  • 食事が楽しめる
デメリット
  • 治療期間が比較的長い
  • 手術が必要
  • 保険が適用されない
  • 治療が受けられないケースがある

入れ歯


入れ歯
失った歯の本数に応じて、部分入れ歯や総入れ歯を作製する。
メリット
  • 治療における身体への負担が少ない
  • どんな症例にも対応できる
  • 保険が適用される
  • 取り外してお手入れができる
デメリット
  • 噛む力の回復力が比較的低い
  • 慣れるのに時間がかかる
  • 装着時の違和感が出やすい

ブリッジ


ブリッジ
両隣の歯を削って支台にし、連なった人工歯を装着する。
メリット
  • 噛む力の回復力は入れ歯よりも高い
  • 噛み心地も入れ歯より優れている
  • 装着による違和感がない
デメリット
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 支台となる歯に負担をかけるため、その歯の寿命を縮めてしまう可能性がある

インプラント

インプラント


インプラント
顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する。
メリット
  • 天然歯と変わらない噛み心地
  • 見た目がよみがえる
  • 周りの健康な歯を削る、支えにするといった負担がない
  • 食事が楽しめる
デメリット
  • 治療期間が比較的長い
  • 手術が必要
  • 保険が適用されない
  • 治療が受けられないケースがある

入れ歯

入れ歯


入れ歯
失った歯の本数に応じて、部分入れ歯や総入れ歯を作製する。
メリット
  • 治療における身体への負担が少ない
  • どんな症例にも対応できる
  • 保険が適用される
  • 取り外してお手入れができる
デメリット
  • 噛む力の回復力が比較的低い
  • 慣れるのに時間がかかる
  • 装着時の違和感が出やすい

ブリッジ

ブリッジ


ブリッジ
両隣の歯を削って支台にし、連なった人工歯を装着する。
メリット
  • 噛む力の回復力は入れ歯よりも高い
  • 噛み心地も入れ歯より優れている
  • 装着による違和感がない
デメリット
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 支台となる歯に負担をかけるため、その歯の寿命を縮めてしまう可能性がある

「ふくなが歯科クリニック」のインプラントシステム「3iインプラント」

大阪狭山市のふくなが歯科クリニックでは、世界で200種類ほどあるインプラントの中から、インプラント先進国アメリカでトップシェアを誇る「3i(スリーアイ)インプラント」を採用しています。

オッセオタイト表面性状

「3iインプラント」は、生体組織学的背景と臨床結果に裏づけされた唯一のインプラント。微小で均一な粗造構造になっており、長くつかうことができるうえに治療後すぐに仮歯を入れても問題なくつかえることがメリットです。また骨質が不良な部位においても高い治療成功率を誇っています。

高い治療成功率

一般臨床施設研究で行われた臨床評価における成功率は、5年平均で97.2%と高く、さらに骨質不良の場合でも98.2%と高い成功率を誇っています。「3iインプラント」は、不良骨部位の治癒実績が改善された唯一のインプラントとして、FDA(米国食品医薬品局)で認められているほどです。

当クリニックがご提供する「3iインプラント」は、研究と実績を重ねた大変高精度なインプラントであり、材料としての精度の高さに加え治療には高度な技術が必要になることから、低価格での治療はメーカー側から許されていません。巷で騒がれている低価格のインプラント治療とは一線を画しています。安全性を十分に検証した信頼できる治療のみをご提供していますので、ご安心ください。また、低価格をアピールしているインプラント治療には十分な注意が必要であることもご理解ください。

~インプラント歯周炎への注意~

インプラントは人工物であるため虫歯になることはありませんが、歯周病と同じ症状が現れるインプラント周囲炎になることがあります。これはどれだけ高精度なインプラントであっても同じで、インプラント周囲炎が悪化すると、せっかく埋め込んだインプラントは抜け落ちてしまうことがあります。インプラントはメインテナンス次第で、長期間の使用が期待できるため、手術後にはメインテナンスをしっかり行い、できるだけ長持ちさせましょう。

また当クリニック院長は日本歯周病学会認定 歯周病専門医・指導医です。専門医として、インプラントを長持ちさせるためのハイレベルなインプラント治療をご提供しておりますので、安心して治療をお受けください。

~精密検査機器CTによる安心安全なインプラント治療~

インプラント治療は精密な検査によって安心安全な治療をご提供することができます。当院では、最新の3次元CT「AUGE SOLIO」を導入しております。

3次元CTは従来のレントゲンとは異なり、口腔内環境や歯根の形状、骨の状態など、お口の中を正確に把握することができるため、根拠に基づいた治療計画を立てることが可能です。画像はモニターに映し出し、患者様にもご確認いただけますので、納得のいく治療を受けていただけます。さらに、放射線量はこれまでの10分の1以下に抑えられているため、より安全な治療を実現することが可能です。当院で安心安全なインプラント治療をお受けください。

「ふくなが歯科クリニック」のインプラント治療

大阪狭山市のふくなが歯科クリニックでは、顎の骨に十分な量がないことを理由に他院でインプラント治療を断られてしまったという方に対し、以下のような骨量を補う治療によって、インプラント治療を可能にしています。どうぞ一度ご相談ください。

サイナスリフト

上顎が薄い場合に行う治療。歯ぐきを切開してめくり、上顎にある空洞「上顎洞(じょうがくどう)」の底部を持ち上げ、できた空間に骨補てん剤を注入することで骨の厚みを確保します。インプラント埋入手術の前に行う場合と、手術と同時に行う場合があります。

ソケットリフト

上顎に比較的厚みがあるという場合に行う治療。インプラントを埋め込む穴を利用して「上顎洞」の底部を押し上げて骨補てん剤を注入し、骨の厚みを確保します。サイナスリフトのように歯ぐきを大きく切開する必要がないため、手術の痛みや腫れなどを軽減することができます。

GBR

顎の骨の幅が足りない場合に行う治療。メンブレンという特殊な膜を入れて骨再生用スペースを確保し、骨補てん剤や自家骨を詰めることで骨の再生を促します。インプラント埋入手術の前に行う場合と、手術と同時に行う場合があります。

入れ歯

入れ歯

入れ歯の「ずれ」や「もたつき」による痛みや違和感に、お悩みではありませんか? また「入れ歯だからこんなもの」とあきらめてはいませんか?

歯を失ったときに行うもっとも身近な治療として古くから知られている入れ歯ですが、そのつかい心地に不満を抱いている方は少なくありません。しかし近年では入れ歯の開発が進み、今までのさまざまな違和感を払しょくできる新しい入れ歯が登場してきています。

もう「入れ歯だから」とあきらめる必要はありません。自分にぴったりの入れ歯を見つけ、今までのお悩みを解決しましょう。大阪狭山市のふくなが歯科クリニックにご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

  • 保険入れ歯
  • 自費入れ歯

※クリックしていただくと画像が切り替わります。

保険の入れ歯

素材・様式 見た目
素材はレジン(歯科用プラスチック)にかぎられ、様式も決まっている 部分入れ歯のバネが目立つなど、美しさを追究することはできない
つかい心地 食事
自費の入れ歯よりも厚みがあり比較的違和感がある 食べ物の温度が伝わりにくかったり、硬い物が噛みにくかったりすることがある

自費の入れ歯

素材・様式 見た目
素材・様式ともに、豊富な選択肢がある 見た目が自然な素材を選択できるため、周りからも気づかれにくい
つかい心地 食事
比較的違和感が少ない 食べ物の温度が伝わりやすい素材を選ぶことができ、また噛み心地も優れているため、食事を楽しめる

保険入れ歯

保険の入れ歯

素材・様式 見た目
素材はレジン(歯科用プラスチック)にかぎられ、様式も決まっている 部分入れ歯のバネが目立つなど、美しさを追究することはできない
つかい心地 食事
自費の入れ歯よりも厚みがあり比較的違和感がある 食べ物の温度が伝わりにくかったり、硬い物が噛みにくかったりすることがある

自費入れ歯

自費の入れ歯

素材・様式 見た目
素材・様式ともに、豊富な選択肢がある 見た目が自然な素材を選択できるため、周りからも気づかれにくい
つかい心地 食事
比較的違和感が少ない 食べ物の温度が伝わりやすい素材を選ぶことができ、また噛み心地も優れているため、食事を楽しめる

「ふくなが歯科クリニック」の取扱入れ歯

ノンクラスプデンチャー

金属のバネ(クラスプ)がない部分入れ歯。バネがないため目立ちにくく、また歯ぐきに当たる部分がやわらかいシリコンでつくられているため、フィット感にも優れています。見た目に優れ、軽いのもメリットです。

マグネットデンチャー

歯根の頭と入れ歯の内側の両方に磁石を取りつけ、強力な磁力によって固定させる入れ歯。入れ歯につきものであったずれやもたつきを解消し、しっかり噛むことができます。取り外しができるためお手入れもしやすく、清潔に保つことが可能です。

金属床

顎に当たる床部分が金属でできた入れ歯。床を薄くつくれるため違和感が少なく、熱伝導率に優れているという性質によって食事がおいしくとれます。さらに汚れがつきにくく、耐久性が高いのもメリットです。また精密に作製されているため、しっかりお口の中でフィットしている感じがします。