• HOME
  • 診療コンセプト
  • 症例紹介
  • 診療の流れ
  • 院長紹介
  • 医院概要・アクセス

審美歯科・ホワイトニング

審美歯科・ホワイトニング

  1. ホーム
  2. 審美歯科・ホワイトニング
  • 審美歯科
  • ホワイトニング

審美歯科

審美歯科

虫歯治療でつかわれる銀色のインレー(詰め物)・クラウン(被せ物)。白い歯の中では目立ってしまうことに、お悩みではありませんか? 審美歯科ではセラミックを用いて、そういった歯の見た目のお悩みを解決する治療を行っています。

セラミックは周りの自然な歯の色や透明感に合わせることができて、生体親和性も高い体に安全な素材です。見た目はもちろん噛み合わせにも十分に配慮して治療を行うことで、美しく健康な口元をつくることができます。あなたも審美歯科でお口のお悩みを解決し、自然に笑える毎日を取り戻しませんか?

「ふくなが歯科クリニック」の審美歯科治療

当クリニックでは、4種類の材料による被せものをご提供しています。

  • ジルコニア
  • オールセラミック
  • メタルボンド
  • ハイブリッドセラミック

ジルコニア

ジルコニアとは? 当クリニックおすすめ

ジルコニアは、数あるセラミックのなかでももっとも優れた審美性・耐久性を持ち、「人工ダイヤモンド」とも呼ばれる素材です。保険適用の金属素材(銀歯)のように金属イオンの溶け出しによる金属アレルギーの危険性もなく、また従来のセラミックの弱点も克服しているとして、審美歯科治療の素材として注目されています。

こんな方にはジルコニアがおすすめ
  • 今ある銀歯を白い歯に取り替えたい
  • 白くて美しく、耐久性や強度に優れた歯にしたい
  • 金属アレルギーがある
  • オールセラミックにしたが、歯ぎしりが強く耐久性が心配
  • 前歯をメタルセラミッククラウンにしたが、黒い金属色が見えて気になっている
  • もっとも優れたセラミックにしたい
  • ブリッジを入れるために見た目も強度も優れたものにしたい

ジルコニアの特徴

ジルコニアの特徴

審美歯科における「ジルコニア」の被せ物は、外側にセラミック、内側にジルコニアを使用したもので、各素材のなかでももっとも優れた素材であり、当クリニックでも一番におすすめしている素材です。

メリット デメリット
  • 自然な白さで見た目が美しい
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • セラミック素材のなかで耐久性に優れている
  • 使い続けても変色しない
  • 被せ物を装着するにあたって歯を削る必要がある

オールセラミック

オールセラミックとは?

外側も内側もすべてがセラミックでできています。天然歯のような自然な色合いが出せるものの、割れやすい性質を持っているため、前歯や小臼歯など強い力が加わりすぎない場所に使われます。

こんな方にはオールセラミックがおすすめ
  • 前歯の歯並びが悪い
  • 歯並びを直したいけどワイヤーの矯正装置には抵抗がある
  • 自然な見た目の詰め物
  • 被せ物を使いたい
  • 金属アレルギーが心配
  • 歯が変色し、ホワイトニングでは白くできないといわれた
  • 短期間で歯並びを治療したい

オールセラミックの特徴

オールセラミックの特徴

内側にアルミナ、外側にセラミックを使っている、審美歯科素材の代表格です。天然歯のような自然な白さと適度な強度が備わっているものの、審美性・耐久性のいずれもジルコニアには劣ります。

メリット デメリット
  • 自然な白さで見た目が美しい
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • 使い続けても変色しない
  • 天然歯より硬く、周囲の歯にダメージを与える可能性がある
  • 強い力が加わると割れてしまうことがある

メタルセラミック

メタルセラミックとは?

外側にセラミック、内側に金属を使っており、奥歯など耐久性・強度が求められる奥歯などに使われます。金属ならではの丈夫さや高い耐久性が特徴ですが、色調や透明感はセラミックのみでできたものには劣ります。

こんな方にはメタルセラミックがおすすめ
  • 歯の神経を除去したため、歯の黒ずみが気になる
  • 歯並び・歯の大きさ・形を直したい
  • 金属の歯を白くしたい
  • 奥歯の歯ぎしりが強いので丈夫なセラミックを使いたい

メタルセラミックの特徴

メタルセラミックの特徴

内側に金属、外側にセラミックを使っており、強度の高さが一番の特徴です。

メリット デメリット
  • 透明感などは劣るが見た目が白い
  • 強い力が加わる奥歯に使用できる
  • 内面に金属も使用しているため、たいへん丈夫で割れにくい
  • ほとんどの部位に使用できる
  • 色調はオールセラミッククラウンに劣る
  • 歯と歯ぐきの境目が黒ずむなど、見た目の美しさはジルコニアなどに比べて劣る

ハイブリッドセラミックス

ハイブリッドセラミックスとは?

レジンと呼ばれる歯科用プラスチックにセラミックの粉末を混ぜた素材です。レジンは保険治療で使われる白い素材ですが色調や透明感などはセラミックより大きく劣り、変色しやすい・破損しやすいという欠点がありました。また、セラミックには色調・透明感は天然歯に近いものの硬すぎるという欠点があり、その両方を混ぜ合わせることで見た目・耐久性の性能を高めています。

こんな方にはハイブリッドセラミックスがおすすめ
  • 銀歯が目立って気になる
  • 費用を抑えて白いセラミックの詰め物・被せ物を入れたい
  • 保険治療で白い素材を入れたが、黄ばみなどが目立って気になる
  • 歯が欠けている部分を白い人工歯で修復したい

ハイブリッドセラミックスの特徴

ハイブリッドセラミックスの特徴

他のセラミックとの違いは、内側と外側の2層ではなく素材そのものを混ぜ合わせている点です。ほどよくしなやかで見た目も自然ですが、ジルコニアの性能には劣ります。

メリット デメリット
  • 適度な硬さと柔軟性があり、周囲の歯を傷めない
  • 自然な白さがある
  • 水分を吸収しやすく変色しやすいというレジンの弱点を引き継いでいる

ホワイトニング

ホワイトニング

コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなど、色素の強い飲食物や喫煙などの習慣は、歯を着色させる原因になっているのをご存じですか? またそれだけでなく、加齢によるエナメル質(歯の表面)のすり減りも、歯の黄ばみを増進させる原因の一つ。歯の色についてお悩みの方は少なくありません。

そんなお悩みを解決する処置としておすすめなのが、ホワイトニング。薬剤をつかって歯の色を白くしていくため、歯を削る必要がありません。あなたもホワイトニングで、他人に見せたくなる白い歯を取り戻しませんか?

「ふくなが歯科クリニック」のホワイトニング

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で行う「ホームホワイトニング、その両方を併せた「デュアルホワイトニング」があります。大阪狭山市のふくなが歯科クリニックではその中かから、一人ひとりに適した方法をご提案します。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングの流れ

カウンセリング・検査

ホワイトニング後の仕上がりの色などをご相談し、ご希望をお聞きします。お口の中をチェックし、ホワイトニングが可能かどうかを判断します。

ブラッシング

ホワイトニングの効果を高めるため、施術前にきれいにブラッシングをしていただきます。


※歯ブラシは当院でご用意します
ホワイトニング剤の塗布

歯ぐきにつかないように留意しながら、歯面にホワイトニング剤を塗布します。

仕上げ

歯に残ったホワイトニング剤を落としてブラッシングを行い、フッ素を塗布して終了です。

メインテナンス

ホワイトニング効果の持続性を確認するとともに、お口全体のチェックを行うための定期検診にお越しいただきます。

歯科医院で歯の表面に高濃度のホワイトニング剤を塗布し、歯を白くしていくのがオフィスホワイトニングです。プロが処置を行うため、手間をかけずに確実に効果が得られます。また効果が出るのが早いため、結婚式などの大切なイベントに向けてお急ぎの方におすすめです。

ホームホワイトニング

ふくなが歯科クリニックのホームホワイトニングでは米国のウルトラデント社製品『オパールエッセンス』を導入しております。薬剤を塗布したマウスピースを自宅で継続的に装着することで、歯を徐々に白くすることができます。

オパールエッセンスは、米国の歯科医院でもっとも導入されている医療用ホワイトニングジェルで、アメリカ歯科協会やアメリカ連邦食品衛生管理局、日本の厚生労働省から承認を受けている安全な薬剤です。

オパールエッセンスの主成分はかつてからお口の中の消毒に使われてきた過酸化尿素という歯に優しい成分を使用しているため、歯にしみにくく治療中の知覚過敏を起こしにくいという特徴を持っています。 また、先天性や薬理性などのさまざまな原因による歯の内部の着色も効果的に落とすことができ、さらにホワイトニング効果が長続きするという大きなメリットも持っています。

オパールエッセンスの特徴

オパールエッセンスの特徴

  • ホワイトニング効果が高い
  • 知覚過敏になりにくい、歯がしみにくい
  • アメリカの公的機関でも認められている高い安全性がある
  • ホワイトニング効果が持続する
  • テトラサイクリンなどの先天的に着色した歯にも効果がある
  • 薬剤の粘着度が高いためマウスピースから流れにくい

ホームホワイトニングの流れ

ホームホワイトニングの流れ

診察

まずはご予約のうえご来院いただき、受付にお越しください。はじめに問診票をご記入いただきます。次にご記入いただいた内容をもとにカウンセリングを行い、お悩みをじっくりお伺いします。

マウスピース作製

歯形を採取し、オパールエッセンス用のマウスピースを作製します。

ご使用

ご自宅では、まずマウスピースにオパールエッセンスを塗布し、歯を磨いてからお口に装着していただきます。時間がたったら、歯ブラシで余分な薬剤を落として2回口をすすいでください。
※変色の程度にもよりますが、1日2時間以内で約2週間は続けていただきます。

定期通院

歯の状況やマウスピースの状態を確認するため、以降も定期的にご来院ください。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方のメリットを活かし、並行して行うホワイトニングの方法です。白い歯がすぐに手に入り、かつ長続きします。

術前 テトラサイクリン歯のため歯が全体的にグレー色で口元が暗く気になるとのことでした。
術後 当院でのオフィスホワイトニングと自宅でのホームホワイトニングをしっかり行っていただいたことで、白くなり口元が明るくなりました。