• HOME
  • 診療コンセプト
  • 症例紹介
  • 診療の流れ
  • 院長紹介
  • 医院概要・アクセス

院長紹介・求人情報

院長紹介・求人情報

  1. ホーム
  2. 院長紹介・求人情報

「ふくなが歯科クリニック」のスタッフについて

「ふくなが歯科クリニック」のスタッフについて

院長紹介

TAKESHI FUKUNAGA

院長|日本歯周病学会認定 歯周病専門医・指導医

福永 剛士

こんにちは。「ふくなが歯科クリニック」院長の福永剛士です。

歯医者さんにいいイメージを持っておらず、かかるときに不安を感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。「行かなければ」と思いながらも先延ばしにして、歯が痛くなり我慢できなくなってはじめて、仕方なく行く場所になってしまっているのではないでしょうか?

当クリニックでは、患者様が持たれている歯医者のイメージ「痛い」「怖い」「行きたくない」を、よく理解したうえで払しょくできるよう努め、むし歯や歯周病の予防なども継続して「気持ちいい」「楽しい」「また行きたくなる」と思っていただけるクリニックづくりに努めています。 そして、「思い切って行ってよかった」と感じていただくこと、またそれによって患者様がいつまでもおいしく食事ができ、にっこりと自信を持って笑える口元を維持していただけることを願っております。

略歴
  • 平成11年3月 大阪歯科大学卒業
  • 平成11年4月 大阪歯科大学大学院入学 歯周病学専攻
  • 平成15年3月 大阪歯科大学大学院卒業
  • 平成15年4月 大阪歯科大学 歯周病学講座 大学院非常勤講師
  • 平成17年2月 大阪狭山市にて ふくなが歯科クリニックを開設(現在に至る)
  • 平成18年4月 大阪歯科大学 歯周病学講座 非常勤講師 (現在に至る)
所属学会・認定

日本歯周病学会認定 歯周病専門医・指導医とは

歯周病専門医とは

日本歯周病学会は2004年に厚生労働省認可による歯周病専門医制度を発足させました。
「歯周病専門医」とは、特定非営利活動法人である日本歯周病学会が、歯周病治療を専門的に取り扱うにあたり、十分な技量と知識を有すると認定した歯科医師に与える専門の資格になります。認定および資格の保持にあたっては、

・特定の関連学会における認定医であること
・関連学会の認定医として登録後、特定の研修施設にて通算2年以上にわたり歯周病学に関する研修受講や臨床経験を有していること
・定められた教育講義への受講や教育研修単位の取得を満たしていること
・中等度以上の歯周炎患者の10症例を提示するなど、所定の審査を受けて通過すること
・登録後5年ごとに更新を行うこと

などといった厳しい条件が課されています。現在、全国における専門医は1000人余りであり、歯周病治療を扱う歯科医師がすべて専門医ではありません。

歯周病指導医とは

さらに歯周病専門医の中で指導医は日本歯周病学会会員中3%未満です。
指導医の申請の資格にあたっては、

・専門医登録後7年以上の学会歴および歯周治療の経験を有していること
・専門医登録後、日本歯周病学会または日本歯周病学会認定医・専門医教育講演または日本歯周病学会臨床研修会において2回以上筆頭発表者として症例発表していること
・所定の症例数の報告書を提示すること
・指導医にふさわしい業績を有すること

等の厳しい条件等を満たし、指導医試験に合格した歯科医師に与えられるのが「日本歯周病学会認定 歯周病指導医」の資格です。
近年歯周病と糖尿病などの全身疾患との合併症が増加してきています。これからは地域に方の健康増進のためにもますます歯周病に対する予防、治療、メインテナンスの必要性が高まると思われます。そのために医科との連携する知識の習得にも力をいれて、地域医療に貢献していきたいと考えています。
「歯周病・指導医」は日本ではまだ数の少ない状態です。歯周病に関しては豊富な知識と確かな技術を有する歯周病治療のエキスパートですので、歯周病の治療の際は「歯周病専門医・指導医」を選んでいただきたいと思います。

「日本臨床歯周病学会 認定医・指導医」とは・・・・・・

臨床歯周病学会は歯周病における専門的知識と技術を有する臨床歯科医師を育成し、地域医療に貢献することを目指すために、認定医制度を設けています。認定および資格の保持にあたっては

臨床歯周病学会認定医とは

  • 本学会員で学会認定の研修施設で3年以上⻭周治療に携わり研修を受けた者。
  • 中等度以上の歯周病患者5症例の症例報告書のうち1症例のプレゼンテーションが義務づけられています。

臨床歯周病学会指導医とは

日本臨床歯周病学会は臨床歯周病学のなお一層の発展と向上を図ることを目的に学会指導医を認定しています。
指導医申請の条件にあたっては、

  • 学会認定医取得後、7年以上の学会歴を有していること。
  • 所定の症例数の報告書を提出すること。
  • 指導医にふさわしい業績を有すること。
  • 認定医を志望する者への教育および指導を⾏うこと。

さらに資格の更新には5年ごとに所定の研修単位の取得および発表を行うこと。

等の条件が課されています。

随時、最新の歯周病学に関して専門的情報と技術を取り入れ、地域医療において質の高い歯周病予防および歯科治療を行えるようにスタッフ一同、日々研鑽を重ねていきたいと考えています。

院長メッセージ

歯周治療に関して

歯周病は歯肉からの出血、腫脹が生じ歯を支えている歯槽骨が吸収されてしまう疾患です。歯茎からの出血を繰り返したり、歯がぐらついているなどの自覚症状があると、かなり歯周病が進行している危険信号の表れです。そのまま放置したままだと、残念ながら歯が抜けてしまう可能性が高くなってしまいます。

歯周治療に関して

歯周病は細菌感染による生活習慣病です。基本的にはご家庭でのブラッシングにてお口の中のプラークコントロールができているかが重要になってきます。
当院に歯周病で来院される患者様のほとんどの方は、専門的な治療計画のもと、ブラッシングのチェックと歯石の除去等で歯周病の改善ができています。しかし、歯周病は再発傾向が強いため定期健診等で歯周病の予防を行っていくことが大切です。
歯周病が進行してしまい歯の周囲に深い歯周ポケットが形成されてしまうと、細菌がたまり歯槽骨が吸収されてしまいます。状態によっては、歯を残すために歯茎や歯槽骨の再生ができる場合もあります。しかし、非常に残念なことなのですがあまりに歯周病が進行してしまい再生療法の適応症でなくなってしまった場合は抜歯になってしまいます。

歯周病専門医である私にとって、歯を残せなくて抜歯することになってしまうことは敗北を意味することだと思って日々診療を行っています。そのために日々技術の研鑽に励んでいます。 当院での定期健診等で早期に受診され早期発見できれば、それだけ大変な治療を受けることもなく歯を残せる可能性も高くなりますので、自覚症状がなくても専門的な検診・メンテナンスを受けていただくことをおすすめしています。

参考ページ

歯周病治療

歯茎・歯槽骨の再生療法に関して

歯茎・歯槽骨の再生療法に関して

歯茎や歯槽骨の再生療法は、当院に治療後のメンテナンスにも通院していただける患者様で当院の指示のもと適切なブラッシングができており、歯槽骨の吸収状態の程度および特定の全身疾患に羅漢していないなどの適応症の方にのみ、歯肉や歯槽骨の再生療法を行っています。
一度なくなった歯茎や歯槽骨を再生させるためには、ただ単に歯の歯根に歯茎を貼ったり、骨の吸収部に薬を入れたりするだけで歯茎がくっついたり、歯槽骨ができるわけではありません。経験と知識および様々な技術が必要になります。そういったことにならないためにも日頃からのメンテナンスが非常に重要だと思っています。

参考ページ

歯周組織再生療法

虫歯に関して

歯を失う2大疾患の1つが虫歯です。虫歯は細菌感染により歯が脱灰されてしまう疾患です。
虫歯を予防するためには、ご家庭でブラッシングをおこない、お口の中にいる細菌の数を減らすことが重要になってきます。
日頃から、歯磨きによりプラークを除去できていれば、虫歯になるリスクが減少します。

虫歯に関して

当医院ではレントゲン写真がとれない場合や虫歯があるか見ただけでは判断しにくい場合、ダイアグノデントペンというレーザーにて虫歯があるかどうか診断することもできます。ダイアグノデントペンで歯の数値を読み取ることにより治療が必要なのか、それともフッ素塗布等にて削らずに対応できるのかも判断することができます。虫歯にならないためにも普段からのブラッシングや予防するために定期健診等が大切であると考えています。

当院では、お口の中に重篤な歯周病を引き起こしている歯周病菌が存在する疑いがある場合には細菌検査を行い、その細菌に対して除菌ができる設備が整っています。

虫歯に関して
オペレーザーPROプラス

虫歯に関して
ダイアグノデントペン

 

メディア掲載情報

「歯科最前線2017」(毎日新聞出版) に当クリニックが掲載されました。

「歯科最前線2017」(毎日新聞出版) に当クリニックが掲載されました。

毎日新聞より出版された『歯科最前線2017』に当クリニックが掲載されました。
全国の様々な歯科医院の情報がまとめられた一冊です。
ぜひ一度、ご一読ください。

「頼りになるいい歯医者さん2017」(学研出版)に当院が掲載されました。

「頼りになるいい歯医者さん2017」(学研出版)に当院が掲載されました。

学研より出版された『本気で探す 頼りになるいい歯医者さん』2017に当クリニックが掲載されました。
むし歯や歯周病をはじめ、歯にまつわる病気にかかったとき、どんな歯科医にかかれば安心か、全国の信頼できる歯科医を紹介しております。ぜひ一度ご一読ください。

「いい歯医者2016」(学研出版)に当院が掲載されました。

「いい歯医者2016」(朝日新聞出版)に当院が掲載されました。

週刊朝日MOOKより出版された「いい歯医者」2016に当クリニックが掲載されました。
「いい歯医者さん」の選びかたから、最新の治療方法Q&Aまで、患者様にとってお役に立つ情報が掲載されています。
ご来院の際はぜひご一読ください。

「専門医が教える歯の守り方」(朝日新聞出版)に当院が掲載されました。

「専門医が教える歯の守り方」(朝日新聞出版)に当院が掲載されました。

朝日新聞出版の日本歯周病学会編集 『専門医が教える歯の守り方歯周病予防と最新治療』が発売されました。
歯の予防や日頃のケアについてご理解頂ける内容となっております。
ぜひ一度ご一読ください。

求人情報

求める人物像

求める人物像

  • 衛生士業務だけでなく、受付助手業務も協力してくれる人
  • 一人一人の患者様の想いに応えられる人
歯科衛生士
ふくなが歯科クリニックではたらくメリット

歯科衛生士

歯周病治療に力を入れています。歯科衛生にはメンテナンス、虫歯、歯周病の予防を中心として行っていただきます。歯科衛生士としての実力を発揮でき、やりがいを感じることが出来ます。歯科衛生士として成長したいと思っている方ブランクがある方でも是非ご連絡ください。

仕事内容

衛生士業務
虫歯、歯周病予防や歯周治療(SC・SRP)メンテナンスなどに力を入れています。

歯科助手
ふくなが歯科クリニックではたらくメリット

当院には、老若男女幅広い層の患者様がお越しになり多くの方がメインテナンスでご来院されます。 スタッフ同士も仲が良くすぐに溶け込む事ができます。

仕事内容

歯科衛生士

受付(予約管理、電話対応)
診療アシスト
機具の準備・滅菌・清掃
診療内容説明、患者対応
在庫管理

募集要項

歯科衛生士

職種/仕事内容 歯科衛生士業務
対象となる方 要歯科衛生士免許
勤務地 大阪狭山市池尻自由丘1-11-1
アクセス 南海高野線「狭山」駅徒歩1分
勤務時間 9:00~13:30、15:00~19:45
給与 【正社員】月給23.5万円~ 【パート】時給1,400円~
休日休暇 【正社員】週休2日 【パート】シフト制
待遇・福利厚生 【正社員】昇給・賞与、歯科医師国保・雇用保険、
【正社員】【パート】交通費1万5000円迄、研修3ヶ月

歯科助手

職種/仕事内容 歯科助手業務
対象となる方 高卒以上の方
勤務地 大阪狭山市池尻自由丘1-11-1
アクセス 南海高野線「狭山」駅徒歩1分
勤務時間 9:00~13:30、15:00~19:45
給与 【正社員】月給18万円~
【パート】時給980円~
休日休暇 【正社員】週休2日 【パート】シフト制
待遇・福利厚生 【正社員】昇給・賞与、歯科医師国保・雇用保険、
【正社員】【パート】交通費1万5000円迄、研修3ヶ月